2014年05月15日

人が増えると映像が遅くなる、または止まるような気がする

画面右上の「設定ボタン」の隣に緑色の丸があります。「送信Ping」とありますが、これが伝達速度です。 この数字が大きいと通信速度が遅いということになります。
faq340-1


Spreedサーバとの間の通信は、「HTTPプロキシ」を介して行われています。 ご利用環境のファイアウォールの設定において、TCPポート1935番のoutboundの トラフィック(LANからインターネットへの接続)を許可することに より、Spreedは早くデータを交信できるようになる可能性もあります。

設定されている転送帯域が100Kbit/sに設定されていて、上部の「設定」メニューの「接続設定」から適切な転送待機を指定してください。通常は、512Kbit/sまたは1Mbit/sで問題ないかと思われます。下げすぎると映像が止まります。ですが、一度ログアウトしてから再入室すると直ります。

通信環境が遅い場合は音声だけにする、または映像だけにする等の配慮が必要です。

6人までなら問題なく動作すると思われますが、10人以上になると転送量が多いため、遅くなる可能性があります。ただし、同一環境から複数人数がアクセスする場合、ご利用箇所の回線帯域幅に依存します。

特に複数のビデオ映像表示については、お使いになられているパソコンのCPU性能に依存しますので、2つ以上のCPUコアを有するパソコンをお勧めいたします。

帯域セーブモード」に設定するとモザイクが発生するなど品質が下がります。

転送量がご利用になっている回線の許容量を超えているものと思われますので、各参加者に転送量を下げていただく必要がございます。画面右上の「設定」ボタンをクリックし、転送帯域:「ISDN」または「モデム」を選択してください。

 


こちらの接続チェックツールにてご確認をお願い致します。
http://ja73.spreed.com/connectioncheck/